なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まだおおお

男性 - 福岡県

ラーメン好きのオッサンです。2018年まで広島。2019年より福岡へ。平日は鹿児島に、休日は福岡中心の活動となります。宜しくお願い致します。

平均点 80.931点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,091 742 0 3,538
レビュー 店舗 スキ いいね

「【期間限定】明太つけちゃんぽん (800円)」@ぴかまつ一番の写真明太つけちゃんぽん…

博多麺祭り『ふくや』とのコラボメニューだそう。
18時10分入店で先客3名後客3名。
掲題購入してチケットお渡し。
具材がチャーシューとの選択制らしく明太子でお願い。
この時点でなんとなく不安に駆られる。

まずつけ汁も冷製なんだなと。
溶かれた明太子に刻み玉葱とドレッシングさながら。
明太子感は薄く優しい酸味で只々サッパリ。
油はオリーブオイルっぽいが…もはや。
唯一のちゃんぽんらしさはツルムチの麺。
やはり冷やしには向かないのかな。
麺の下からもやしが登場。
結果的に麺は1玉分だと思われる。
ある意味目玉は1/2腹の明太子。
つけ汁に入れ溶かし明太子率を強化。
他、刻み海苔、大葉、ネギ。
使命感のみで完食。

つけ麺感はまだしも、ちゃんぽん感は何処へ。
只々募る悲しみ。
大変失礼ながら商品として納得の出来だったのだろうか。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉つけ麺 (900円)」@つけ麺 ぱぴこの写真IHヒーターつけ麺

一幸舎系博多元助出身とのこちらに。
14時15分入店で先客なし後客3名。
掲題購入してチケットお渡し。

魚介前面に力強く豚骨感ライトでサラリ。
厚めに張った香味油が効果的でこちらにも地元産煮干しを使用とのこと。
強めの塩梅に煮干しの酸味と油の旨味。
勝手な予想は濃厚豚魚もそれとは異なる魚介豚骨なバランスが面白い。
案内に従いIHヒーターを保温設定にすることで冷めもせず濃度は高まる効果を発揮。
出身店ならではの製麺屋慶史特注ストレート太麺は艶やかでツルモチ。
麺量200gとの掲示だが茹で後だろうか。
体感はかなり少なく大盛が必須に思える。
黄身流れ出そうな半熟味玉。
肉感たっぷりバラチャーシューをつけ汁に入れ再加熱。
麺食べ終えて割スープを注ぐ。
IHヒーターを使いこなし完食完飲です。

旨かったです。
女性店主ならではのバランスでしょうか。
味も量も重くなくサラリとイケる。
機会があれば麺増量もしくは雑炊セットかな。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺豚そば 肉無し (840円)」@鹿児島ラーメン 豚とろ 鹿児島中央駅前店の写真人気店支店

つけ麺目的で駅近の支店に。
11時05分入店で先客2名後客続々並び発生。
掲題購入してチケットお渡し。
同一料金大盛でお願いし冷やを選択。

こんもり盛られた特注太麺 (メニュー記載) から啜る。
サイズ的には中太平打ちでゆるく縮れたタイプ。
しっかり〆られガッシリ噛み応え強し。
ただ平打ちのため厚みが程よく啜り心地はとてもいい。
つけ汁を潜らすとよく絡みよく持ち上げる。
そのつけ汁は甘味強く豚骨が前面に主張。
細かく解されたチャーシューが溶け込みシャリシャリ刻み玉葱がいい役割。
海苔に乗った魚粉を溶かせば当然ながら一気に豚魚。
具材は味玉半個、極太メンマ、ナルト。
角煮入りにすると+200円で遠慮したが肉無しで十分満足。
味変も楽しみの一つ。
まず割りスープに添えられた柚子胡椒を少しつけ汁に。
続けて割りスープだけで麺を啜る。
更に割りスープに柚子胡椒を溶いて啜り、またつけ汁に戻る。
サッパリと濃厚のループ。
最後はつけ汁に割りスープを注ぎ満足完食。

旨かったです。
麺、つけ汁と一緒に割りスープまで最初から提供されるスタイル。
ぬるくはなるが食べ方を変えられる楽しさにハマる。
個人的にはこちらではラーメンよりつけ麺。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しつけ麺 300g (930円)」@チュウカソバ キミイロの写真煮干しつけ麺

期待の再訪問。
11時45分入店で先客3名後客7名。
メニューも増えて店主一押しとの掲題を。
サイズは麺量220g (850円) との選択。
辛味対応可能案内もノーマルでお願いしました。

麺だけをいただくとムギュッと密度高くムチムチ。
つけ麺ではやや細めの中太麺。
つけ汁を潜らすと熱が入りしなやかになる。
〆すぎす茹で加減も絶妙。
つけ汁は丼底に魚粉が溜まっているのでよく掻き混ぜてとのご案内。
序盤はさほどニボ感強くなく醤油ダレそこそこにサラリシャバ系。
背脂が良く見た目ほどオイリーでもない。
食べ進めるにつれ徐々にエグ味現れニボ感が増していく。
刻み玉葱とネギが緩和剤としてとても効果的。
折りたたまれたレアチャーシューは前回同様に流石の旨さ。
ただもやしは不必要に思える。
個人的にはつけ汁に合わず食べづらくも感じられた。
とは言え個々のクオリティは素晴らしくサラリ完食です。

旨かったです。
結果的にはやはり煮干しはラーメンかなと。
新作メニューもあり人気店であることに疑いの余地なくまた伺いたいです。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺 小 (850円)」@麺や 久二郎 国分店の写真人気二郎系支店

鹿児島人気二郎系支店へ初訪問。
12時50分入店で先客10名後客2名。
なんとなく気分はつけ麺。
注文用紙に小250gを選択しお渡し。
同一料金で特大500gまで可能のよう。
ラーメンと異なりカスタマイズ記載欄なく対応可否はよく分からず。

ガシワシした太縮れ麺。
期待通りの歯応えは冷たすぎずゆるめの〆加減が逆に良い。
つけ汁は全くの非乳化タイプ。
醤油が立ちカラメで魚粉香り酸味もある。
トロトロ甘い背脂がコッテリ感を補強。
ただやはりニンニクが欲しくなる。
厚みあるやわホロチャーシュー。
こちらのチャーシューは本当に旨い。
野菜の量はさほどなくサラッといける。
キャベツ割合も本店の方が高かった気がするの気のせいか。
他、海苔。
アクセントを欲して麺にラー油をつけ汁には黒胡椒を。
辛味を効かせて完食です。

旨かったです。
つけ麺だと小では物足りなさあり大380gでもイケたかな。
やはり好みはラーメンでした。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介豚骨濃厚つけ麺 (850円)」@つけ麺・ラーメン フジヤマ55 小倉エキナカひまわりプラザ店の写真改札出てすぐ

つけ麺気分でエキナカのこちらに。
15時10分入店で先客後客なし。
一番人気との掲題購入してチケットお渡し。
無料ライスは遠慮して生卵をいただき着席。

粘度そこそこに甘味先行マイルド豚魚。
ベースから魚介を感じられるが節を溶かせば当然強調。
全体的な優しさは丸鶏由来かな。
見るからに艶やかなストレート太麺はやや平たくエッジが立つ。
つるりとした麺肌にむっちりと歯応え十分。
そのままでも旨い麺に生卵を絡めて啜り、つけ汁を潜らせまた啜る。
あっという間につけ汁は冷えるがIHヒーターで問題なし。
具材はバラ肉、メンマ、ネギ。
〆は残った麺をつけ汁に入れて魚介だしをたっぷり注ぎIHで再加熱。
黒胡椒ミルを二回しして満足完食です。

旨かったです。
多彩な味変アイテムにIHヒーターも有難い。
まとまり良くさすがのチェーンですね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「もり半熟煮玉子そば (990円)」@羽田大勝軒の写真羽田でもりそば

ドタバタ出張の搭乗前に。
15時50分入店で先客2名後客7名。
掲題チケットをお渡し。
待機中にいただくルイボスティーがとてもいい。

期待通りの甘味と酸味。
シャバシャバで時折来る一味の辛味。
久しぶりのこの感じがなんだか良い。
ただ全体的に大人しくそのままでも全く問題なく飲めてしまう濃さ。
必然的に酢とおろしニンニクに手が伸び早めにカスタム。
ストレート太麺の〆加減良好。
水気もしっかり切られておりそのまま啜るとツルリとしてとても旨い。
硬すぎずもっちり感もある。
それでもつけ汁を潜らすとスープの乗りが悪く相性も今一つに感じられる。
麺が強いのかな。
其々交互に単体で食べた方が好みに合うから不思議だ。
厚みそこそこあるチャーシュー。
しっとりとの案内もガッシリ肉を感じる噛み応えが好み。
半熟煮玉子はごく一般的なもの。
つけ汁にはメンマ、ナルト、海苔、ネギ。
麺・具材を先に片付けてからゆっくりつけ汁を味わう。
久々の味に満足。

旨かったです。
存在は知りながら何気にこちらは初訪問。
お値段はそれなりですが予想以上に良かったです。
そういえばスープ割りを忘れていましたがポットあったのかな。。。
また次の機会に。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「炙りチャーシューつけ麺 (950円)」@麺歩 バガボンドの写真並び必至人気店

つけ麺目的でこちらに。
11時15分着で入店待ち8名後客続々。
掲題購入してチケットお渡し。
太麺選択・冷や・中盛でお願いしました。
つけ麺でも細麺オーダーされる方が多いんだなと。

甘濃く豚骨醤油の趣きで魚介感は抑えめ。
鰹の風味はあるが強くはなくザラつきもなし。
ねっとりの要因はゼラチン質だろうか。
濃厚とも異なる糊状の粘りで麺によく纏わりつく。
食べ進めると沈んだ柚子片が爽やかに香る。
ふわもっちりの自家製太麺。
色調は白くストレートで正にうどん風。
歯応えも優しく独特。
麺の上にドンと乗った分厚くボリュームある炙りチャーシュー。
その量もさることながらとにかく柔らかくとろけてジューシー。
焼肉のタレに似た味付けでつけ汁には浸さずそのままか麺のみと食べる方が好い。
つけ汁の具材にも刻みチャーシュー。
大きめの刻みタマネギにメンマとネギ。
後半に甘さが立ち黒胡椒を二振り。
ピリッと引き締め満腹完食。

旨かったです。
つけ汁も麺もオリジナリティがあって良いですね。
何より炙りチャーシューの存在感抜群。
夜営業のみの二郎系もいずれは。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺 中 (1,050円)」@麺や 新倉の写真松山人気店

つけ麺気分で迷わずこちら。
11時00分オープン同時に先頭入店後客10名。
掲題購入してチケットお渡し。

バランス秀逸な濃厚豚魚。
濃厚ながらヘビーすぎずザラつきのない魚介も好み。
相変わらず期待通りに旨い。
多めのネギはシャクシャクの食感だけでなく甘味の緩和に良い役割。
食べ進めるにつれてより現れる柚子の清涼感。
終盤になっても飽きが来ずとても良い。
しっかり〆られエッジの立ったストレート太麺。
艶やかで瑞々しくツルリとした麺肌。
それでいて弾力のある歯応えは強くとても旨い。
お馴染みのチャーシューはローストとバラの二種。
その旨さは言わずもがな。
つけ汁に浸かった細めのメンマ。
味玉は茹で加減ゆるめで流れ出る黄身。
軽く湯煎され温かいのがなんだか嬉し。
麺、具材を食べ終えスープ割りを柚子、ネギ追加でお願い。
いつにも増して魚介スープの甘味と旨味が強く感じられ。
毎度のことながら完食完飲。

旨かったです。
高レベルの旨さは期待通り。
加えて随所の心配りも素晴らしく。
隙のない旨さに感謝。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「真中つけめん (780円) 味玉 (100円)」@つけめん真中の写真愛媛有名魚介醤油

久々に麺鮮醤油房 周平系のつけ麺を。
13時00分入店で先客5名後客5名。
掲題を大盛でお願いしました。
並200g〜特盛500gまで同一料金です。

表層の厚みある油分と酸味の強いスープが分離したつけ汁は圧倒的魚介感。
特徴的なエグ味はイリコ、鯖節由来か。
重なり切れ味ある醤油。
やはり賛否分かれる印象だがハマる人にはとことんハマる味わいでしょう。
食べ進めるにつれ丼底に沈殿した節がより顔を出す。
凄まじい歯応えの自家製太麺。
手揉みでゆるくウェーブがかかりバキボキとしたその硬さはイメージ通り。
本店より僅かに柔らかいのは〆過ぎず食べやすい。
厚みのある短冊チャーシューは香ばしくやはり旨い。
黄身トロトロ味玉の甘味が箸休めに好相性。
他、メンマ、ネギ。
麺・具材を食べ終え卓上ポットの割スープを投入。
鶏ベースだが酸味を軽減するまではなく三口ほど頂いて終了。

旨かったです。
慣れか予想の範疇か。
以前の印象より随分と食べやすく感じました。
ただやはり食べ手を選ぶ特徴的な一杯であることも実感。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件