なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まだおおお

男性 - 福岡県

ラーメン好きのオッサンです。2018年まで広島。2019年より福岡へ。平日は鹿児島に、休日は福岡中心の活動となります。宜しくお願い致します。

平均点 81.000点
最終レビュー日 2019年9月18日
1,070 724 0 3,460
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャンポン (750円)」@天天有の写真思案橋人気店

ホテル最寄りで速攻訪問。
11時00分開店同時に先頭入店後客7名。
着席して即オーダー。

想像より遥かにアッサリ。
豚骨・鶏ガラベースで塩梅優しく炒め具材からの旨味が補完。
具材は豚肉、ゲソ、アサリ、蒲鉾、細切りキャベツ、もやしと不足なし。
ゲソの旨さ素晴らしく野菜のクタリ具合とても好みだ。
チャンポンならではのストレート中太麺。
と言うよりチャンポン麺か。
意外なのは角がありポクポク硬めで芯が残る。
フワリとした食感を期待したため茹で不足に思えたが悪くない。
あまりの優しさに胡椒を二振り。
本来なら皿うどん用かと思いつつもソースをサッと投入。
これがとてもハマる。
食べ終わりに近づくにつれ粘る唇に鶏を感じ満足完食です。

旨かったです。
近隣に有名店が点在もこちらも堂々たる人気店。
観光客だけでなく明らかな常連さんが散見される。
それがなんだかとても嬉しい。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製長崎ちゃんぽん (840円)」@長崎ちゃんぽん 新地の写真博多でちゃんぽん

博多駅近で本場の長崎ちゃんぽん。
11時45分入店で先客5名後客続々満席に。
皿うどんにも惹かれるが初志貫徹。

見た目からデカイ。
本場の味との看板らしく豚骨・鶏ガラベースだろう。
一口目は若干トロンと鶏を感じる。
ただすぐにサラリと落ち着き塩気は優しく控えめ。
その分胡椒が効きすぎなくらいスパイシー。
何より具材の量多く種類も豊富。
キャベツ、人参、もやし、キヌサヤ、キクラゲ。
海老、ホタテ、豚肉、ウズラ、蒲鉾、さつま揚げ。
キクラゲに特製らしさを感じてしまう。
具材をやっつけ引き出したストレート中太麺。
モフモフと芯がなくちゃんぽんらしいがもう少し硬めだと有難いかな。
あくまで好みですが。
終盤にはかなり満腹もとにかく必死で啜る。
ランチサイドメニューを頼まなくてよかったと胸撫で下ろし完食。

旨かったです。
博多駅近のオフィス街で頂ける本場の味。
常連さんだと思われますが焼きそばオーダー率の高さにも驚き。
次回はそれかな。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「金色山椒らーめん (800円)」@らーめん食堂 元斗好軒の写真爽快金色山椒

痺れ目的でこちらに再訪。
11時30分入店で先客3名後客1名。
勿論掲題をお願い。

爽やかに山椒が香る。
痺れは優しく柑橘系にも似た酸味が広がる。
ベースは案内通り『トリとブタのあっさりスープ』だけに香味油が素晴らしく効果的。
鮮烈ではなく爽快。
独特の反発があり力強いストレート中太麺。
鹿児島でイメージするものより加水率低めの印象を受ける。
なんとも啜り応え十分。
個人的にお気に入りはこちらの角切りチャーシュー。
軟らかすぎず肉感は残り味付けちょっと濃いめで好い。
シャキシャキと麺に絡むもやし。
何より白キクラゲと焼きネギが珍しい。
他、青ネギ、ゴマ。
ピクルス風の漬物は大根と胡瓜。
これまたサッパリ完食完飲です。

旨かったです。
痺れが前面にかと思いきや優しく爽快感ある一杯。
優しい接客と居心地の良い佇まいは相変わらず。
そうそうチャーシューごはんもこれまた旨かった〜

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製ちゃんぽん (930円)」@井手ちゃんぽん 博多駅東店の写真博多駅近FC店

博多駅近に井手ちゃんぽんが。
14時20分入店で先客10名後客続々と。
掲題購入してチケットお渡し。

比較的軽めの豚骨に炒め野菜の旨味が加わる。
イメージにある豚骨の厚みや塩気は随分と大人しい。
場所柄に合わせた味なのかな。
炒め具材は豚肉、蒲鉾、キャベツ、さつま揚げ、もやし、ネギ。
特製ならではのキクラゲと生卵。
普通に考えると十分量だがこちらもどことなく寂しげな印象。
麺は井手製麺製ストレート中太丸麺。
コシがあるような、ないようなプリモソの弾力で旨い。
卵を溶かせば当然よりマイルド。
その味わいに味変欲して完熟柚子胡椒を投入。
辛味と塩味で一気に引き締まり効果覿面。
早め投入もアリだったかと思いつつ完食。

旨かったんですが。
味、量ともに刷り込まれたイメージとは異なるものでした。
ただ博多駅近の立地で井手ちゃんぽんをいただける嬉しさは間違いなし。
また伺ってみたいです。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトラーメン (730円) チーズ (100円)」@THE SNOOUP 春日店の写真トマトラーメン専門店

宮崎都城市発祥の福岡支店。
11時15分入店で先客なし後客10名以上。
定番との掲題に無料トッピングで刻みニンニクを。
パスタのように一杯ずつフライパンで調理されるそう。

フレッシュトマトの果肉に酸味。
案内によると鶏ガラベースに完熟有機トマトを約3個使用したとのスープ。
バジルの香りに刻みニンニクの風味と辛味がとても良い。
熱が入りトロけたパルミジャーノレッジャーノ。
コクをもたらし格段に旨さレベルが上昇。
分かってはいたが当然相性抜群で必要不可欠。
『北海道産春よ恋』に『宮崎県産ハナドウ』をブレンドとの自家製平細麺。
ツルピロとやや軟らかめだが意外なほどスープとよく合う。
気になるのは鶏モモチャーシューの強めの臭み。
そのおかげか結構な存在感。
浅茹でシャリシャリ食感良好なほうれん草。
タバスコとオリーブオイルをたっぷり投入すれば旨さ増し々々。
よりパスタ感をアップさせて完食完飲です。

旨かったです。
所謂太陽のトマト麺インスパイアになるのでしょうか。
たまにいただくとすごく良い。
三河屋製麺製太麺使用とのつけ麺も試してみたいですね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん (780円)」@きんのむぎの写真ちゃんぽん推し

ちゃんぽんが人気と聞くこちらに。
14時05分入店で先客4名後客なし。
旨辛や野菜盛などアレンジメニューあるもスタンダードに掲題を。

『あっさり潮風味』との案内通り出足はスッキリ。
豚骨・鶏ガラと思われるベースに炒め具材からの旨味とコクがプラスされ厚みが増していく。
何より野菜由来の甘味が大きな要因だろうか。
中華鍋で煽られたことによる特有の香ばしさに食欲も唆られる。
シンプルにとても旨い。
具材はキャベツ、もやし、人参、コーン、サヤエンドウ、ゲソ、豚肉、蒲鉾、キクラゲと錚々たるラインナップ。
炒め加減も抜群だ。
全粒粉入り自家製ちゃんぽん専用麺。
ちゃんぽんにしては細めだがブリンと弾力に富みとてもよく合う。
偶然の産物とのことだが嬉しい偶然。
野菜用ドレッシング等味変アイテム豊富にあるも個人的には一切使用する必要なし。
夢中で完食。

旨かったです。
人気のはずでメインになる一杯。
鹿児島でちゃんぽんを欲した時は間違いなくこちらを選択することになりますね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣湯麺 (980円)」@八仙閣 志免店の写真福岡中華チェーン

福岡では誰もが知る八仙閣。
12時20分入店で先客後客多数。
生ビール他諸々と掲題オーダー。

一口目は思わずむせる。
強めの餡掛けに強酸味。
当たり前だが溶き卵仕立てで熱々。
ダマになった麺をほぐしスープ全体を馴染ませる。
辛味と酸味のバランス整いトロミも和らぐ。
ベースのスープは優しく支える。
ムチムチと密度の高いストレート中麺。
しっかりとした歯応えが続き伸びは少ない。
勝手に多加水縮れ麺を予想も全くのハズレ。
形状、食感にどことなく福岡らしさを感じる。
具材は細切り肉、豆腐、筍、椎茸、えのき、ネギ。
フワフワの豆腐に筍の食感が良い対比。
スープは次第にサラリとし序盤の酸味より辣油の辛味が表に出て来る。
汗を拭い生ビールを流し込みつつ満足完食。

旨かったです。
久しぶりにいただくとやはりクセになりますね。
単品だと割高感は否めませんが色々とシェアしながらいただく楽しさ。
安心の八仙閣。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば (830円)」@麺屋こころ 鹿児島山下店の写真台湾まぜそば

有名店を鹿児島で。
11時40分入店で先客1名後客3名。
掲題チケット購入してお渡し。
もちろんニンニクアリでお願いしました。

無心でしっかり混ぜる。
表面を傷つけ粘りの出たもっちり太麺を啜る。
ねっとりと絡みつき濃厚。
渾然一体パンチの効いた旨さどっしり。
後からジワジワ台湾ミンチの辛味。
期待の味はやっぱり旨い。
具材は定番のそれ。
台湾ミンチ、卵黄、ネギ、ニラ、魚粉、刻みニンニク。
オススメに従い中盤に昆布酢投入。
サッパリと抜群の効果。
麺食べ終え追い飯をお願い。
お気に入りとなった昆布酢を飯にも追加。
お冷のレモン水がこれまた嬉しく満足完食。

旨かったです。
久々の台湾まぜそばでしたが改めて旨さを実感。
ふと思えば周辺エリアに汁なし店が集中。
食べ比べも楽しそうです。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「桑山らーめん (ランチ600円) ゆで卵 (100円)」@麺屋 桑山の写真ランチサービス良好

地元の方オススメのこちらに。
12時05分入店で先客5名後客4名。
掲題ごはん小セット (+100円) でお願いしました。
通常750円なのでランチサービスはやはりお得。

もしやマー油かと思いきやたっぷり黒ゴマ。
すりゴマにラードがやや厚めに張る。
豚骨・鶏ガラベースは大人しく想像以上にライト。
メニューには『醤油味』と掲示だが醤油感は皆無に等しい。
揚げネギを馴染ますと一気に香ばしさが加わりゴマに隠れていたガーリックも徐々に顔を出す。
圧倒的に最初から全体を混ぜるべきバランスのよう。
ツルモチ軟らかい多加水ストレート中細麺。
茹で加減普通でお願いしたがカタ指定される方が多いのも納得。
鹿児島ラーメンとしては細め。
厚めでジューシーなバラチャーシュー。
ゆで卵は仕上がり正にその通り。
定番細もやしとネギ。
ごはんとの相性は悪くないが漬物がないのはどこか寂しく。
一味唐辛子を軽く振って完食です。

旨かったです。
ゴマ満載はなかなかのサプライズでしたが。
ランチサービスは良いですね。
味噌が人気のようでまたの機会に。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
77

「タールメン (870円)」@万寿の写真松山〆の定番

酔っ払って噂によく聞くこちらに。
24時45分入店でほぼ満席後客続々。
勿論名物の掲題をお願いしました。

案内通り五目餡掛けラーメン。
予想以上にサッパリとして流石〆にもってこい。
たっぷりすぎる胡椒が特徴的ですが混ぜると気にならず、むしろこの量が無くてはならない。
かき玉餡掛けは具材も豊富。
白菜、玉葱、ニラ、人参、筍、木耳、豚肉、海老。
ムチムチのストレート細麺。
餡が絡みまくって旨い。
終始熱々に後半になると多少の胡椒辛さも相まって発汗。
思わずビールを追加オーダーして完食。

旨かったです。
熱々サッパリで寒い時期にはより良いですね。
長年この土地で愛されるのがよく分かる一品でした。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件