なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まだおおお

男性 - 福岡県

ラーメン好きのオッサンです。2018年まで広島。2019年より福岡へ。平日は鹿児島に、休日は福岡中心の活動となります。宜しくお願い致します。

平均点 80.931点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,091 742 0 3,538
レビュー 店舗 スキ いいね

「ねぎチャーシューメン (830円) ねぎ増し (70円)」@ねぎらーめんの写真鹿屋ねぎらーめん

ネギな気分。
11時15分入店で先客2名後客なし。
勢いもありチャーシューにネギも増しで。
ランチサービスライスも遠慮なく

どデカイレンゲに底の浅い器に気分高まる。
動物系の下支え感じるも前面に醤油。
九州らしい醤油だが甘さ控えめ良い塩梅。
どこか期待した化調強めな味わいや背脂はないが。
ただ懐かしく親しみやすい。
プリプリの中細縮れ麺も優しく絡む。
ある意味主役のネギ。
味付けはなくスープを潜らす。
青臭さや辛味皆無でシャキシャキシャキシャキ素晴らしい食感。
肉質の良さ伝わるホロホロチャーシュー。
海苔にワカメと十分なラインナップ。
豆板醤を一掬い入れ、ライスには鹿児島ならでは真っ白い大根漬けを乗っけて頬張る。
ネギ堪能し満足完食。

旨かったです。
ラーショな雰囲気感じるも優しい味。
ネギもカット方法選択できたり、青ネギに変更できたり嬉しいサービス。
ねぎらぁめん 天文館と関係はあるのかないのか。
ただネギみそ目的で再訪確実。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「金山ねぎらーめん (680円) たまご (50円)」@らーめん処 力の写真鹿児島金山ねぎ

先輩の言葉をお借りするとキマりそうな雰囲気。
11時25分着で開店待ち3名後客続々。
評判に聞くのは味噌だが初志貫徹で掲題を。

ネギシャキシャキ。
特有の青臭さや辛さの類は一切なく甘いとさえ感じられる。
和え加減軽く一部豆板醤的な辛味ダレもアクセント。
スープを潜らせ熱が入るとより甘味が引き出されるよう。
いやぁネギ旨し。
そのネギを受け止める優しいスープ。
案内によると豚骨ベースに数種類の醤油と野菜をブレンドした特製ダレを使用とのこと。
優しすぎるかと思えば背脂のコクに辛味ダレ効果で物足りなさを回避する。
どこか懐かしく親しみを覚えしみじみ旨い。
黄色く艶のある自家製中細縮れ麺。
玉子は半個付きを忘れ50円だからと思わずトッピング。
結果的に申し分なし。
箸で崩れる軟らかチャーシューは見た目以上にしっかり味が入り仄かな甘味が印象的。
メンマも結構味濃いめ。
他、海苔、刻みネギ。
久々にネギ堪能しほっこり完食完飲です。

旨かったです。
毎日でも食べ飽きることのない優しさ。
何よりネギの素晴らしさ。
圧倒的人気『ねぎ味噌』『ねぎ味噌チャーシュー』にオーダー殺到。
次はそれをネギ増しにしよう。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「普通 500g (500円) トッピング計 (250円)」@汁なし専門 男のLLの写真汁なし専門店

扉には『空腹男子常臨』との話題店。
11時30分入店で先客2名後客なし。
オーダー用紙を取って着席。
量とトッピングを記入してお渡しし先会計。
トッピングはロース肉(100円) 目玉焼き(50円) もやし(50円) 小松菜(50円) 無料ニンニクアリで。

こぼさないようにしっかり混ぜ馴染ませる。
目玉焼きの黄身を崩し、生もやしはなるべく下へ。
名古屋の醤油を使用したとのタレは背脂も合わさり甘コッテリ。
タレで茶褐色に染まった自家製極太麺。
手揉みでゆるく捻れ麺肌もっちり。
それは啜った瞬間のみでその実はガシワシと十分過ぎる歯応え。
最初は少し茹で不足な気もしたがこれが意外にハマってくる。
結果旨いな。
ニンニクは間違いなくマスト。
サイコロ状のロース肉に目玉焼きの白身が何気に良い。
熱が入ったもやし。
小松菜も個人的にお気に入り。
オススメの特製唐辛子に続けて山椒をガンガン振っていく。
山椒がとても素晴らしく確かに好い。
麺量茹で後500gも問題なくサラリ完食。

旨かったです。
極太麺の強さが印象的でトッピングでカスタマイズも楽しいですね。
雰囲気からもつけ麺・汁なし専門店 R 中村店ご出身なのでしょうか。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らあめん (900円)」@斜家の写真地元産にこだわる

古民家を改築された趣ある佇まい。
13時10分入店で先客5名後客1名。
オススメとの掲題を。

アッサリ出汁の旨味。
クリアで優しく醤油の淡い甘味が重なる。
案内によれば地元産にこだわり川辺産地鶏の清湯に鰹節も枕崎産。
尖りなど一切なし。
ツルツルとしたストレート中麺。
所謂一般的な中華麺で和を感じるスープとは馴染みが今ひとつに思えた。
鹿児島産黒豚チャーシューは軟らかくハラリとほぐれる。
個人的にレタスがとても良くその食感は素晴らしい。
やはり地卵使用の味玉。
見た目以上にしっかりとした味付け。
メンマも濃い味で具材は結構力強い。
揚げネギはしっかり油切りされてかスープへ影響を及ぼすことはない。
他、もやし、白髪ネギ、青ネギ。
器も特注の川辺焼と地元愛をフルで受け止め完食です。

旨かったです。
地元産へのこだわりと愛が詰まった一杯。
濃い味に慣れた舌には若干の物足りなさを覚えてしまいました。
ただ具材の味が強かったこともあり、スタンダードに『らあめん』の方が良かったのかもしれません。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン (750円)」@ラーメン専門鷹の写真鹿児島名店

二度目の鷹。
18時10分入店で先客1名後客なし。
聞かれることはサイズのみ普通で。

タレが準備された丼がズラリと並ぶ。
その丼に茹で上がった麺を直接入れて混ぜ絡める。
そこにスープを注ぎ軽くもうひと混ぜ。
その間に娘さん (多分) がもやしを茹でるコンビネーションの妙。
盛付けされれば完成と老舗の作業工程に前回同様釘付け。
淡く優しくほんのり甘い。
豚骨と鶏ガラを同率で炊き粉末椎茸が加えられると聞くスープ。
アッサリだが旨味に不足なく表面に光る香味油がコクをもたらす。
何より椎茸出汁の香り高くじんわり沁みる。
なぜか懐かしくそして響く。
鹿児島と言えばの福山食品製ストレート中太麺。
ムッチリ歯応えあり芯が残る茹で加減。
伸びはなく最後まで弾力が継続する。
もやし、ネギが素晴らしくこの量が無くてはならない。
肉厚なバラチャーシューは箸でほぐれる軟らかさ。
軽く胡椒を振りピリリと締めれば勢いは加速。
サッパリ大根漬けを適宜挟み満足完食。

旨かったです。
昔ながらとの味は盤石の安心感。
食べ終わりの満足感は格別ですね。
老舗を堪能。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「灰雲 (780円) 半熟の煮玉子 (150円)」@ヌードルラボラトリー金斗雲 GREATの写真桜島灰干し醤油

当店舗限定灰干し醤油使用ラーメンを目的に。
14時00分入店で先客なし後客1名。
迷いなく勿論掲題を。

出足は醤油の甘味一直線な印象。
ところが直ぐにコクを感じ折り重なる複雑な味わい奥深い。
どことなくエスニックな酸味がありネギ油と炙りの香りが交差する。
灰干し醤油とは桜島火山灰と塩麹で作られた干物を使用した魚醤入りだそう。
なるほどと思いつつその解説に引っ張られたかもな…
ブリンと弾力に富む自家製ストレート中麺。
甘めのスープにはシャリシャリ刻み玉葱がとてもよく合い無くてはならず。
黄身までしっかり味しみ煮玉子。
流れ出ることないゼリータイプで好み。
盛り付け後に炙られる角切りチャーシュー。
他、もやし、ネギ。
しつこさのない甘味と程よい酸味に箸は進み完食完飲。

旨かったです。
こちらのグループで一番響いた一杯。
気付けばまだまだ未食の『雲』ぞろぞろ。
次はどこかで辛味の『桃雲』かな。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎチャーシュー (750円)」@中華そば かま源の写真無化調中華そば

中華そば専門店とのこちらに。
20時15分入店で先客9名後客なし。
名物ねぎらーめんと聞き勢いもあり掲題を。

無化調飲み干す一杯との掲示その通り。
まろ味の醤油に後口はスッキリと柑橘系が香る。
ベースは鶏ガラ、枕崎産鰹節、昆布に野菜とのこと。
優しくも物足りなさは一切なく食べ進めるにつれ黒胡椒が効いてくる。
魚粉まぶされた白髪ねぎを沈めると当然ながら一気に増す鰹感。
これがとても好い。
瑞々しい自家製ストレート中細麺。
もっちりスープによく馴染む。
しっかり焼き色ついた薄切りバラチャーシュー。
ホロトロと箸で崩れる軟らかさ。
他、メンマ、青菜、海苔、刻みねぎと具材も充実。
ついつい進むスープをバランス取りつつ迷いなく完食完飲です。

旨かったです。
紛うことなき飲み干す一杯。
豚骨主流のエリアで中華そば専門店とは有難いですね。
限定30食の塩らーめんも次の機会にぜひ。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「勝武士ラーメン (780円)」@元祖 指宿ラーメン二代目の写真勝武士ラーメン発祥店

ご当地勝武士ラーメン発祥店とのこちら。
14時05分入店で先客7名後客3名。
『超』も気になりますがスタンダードから。

指宿山川産本枯節の素晴らしい香りに唆られる。
スッキリ醤油に鰹の旨味がぐんぐん染み出す。
油脂感なく高まる風味と和の雰囲気。
タレにも本枯節を使用とのことでその名の通り限りなく主役は鰹。
若干強めの塩味も好み。
黄色味がかったストレート中細麺。
ブリンと弾みムッチリとした食感も良い。
チャーシューはガシッと歯応えあるタイプ。
他具材はワカメ、もやし、キクラゲ、ゴマ、ネギ。
中でもワカメがとにかくよく合う。
それは鰹の旨味が増すほどにより旨く感じられる。
一味が効いた大根漬けもサッパリと。
進むレンゲは止められず当然の完食完飲。

旨かったです。
本枯節を余すことなく存分に堪能。
鰹が引き立つように設定されたであろうバランスが秀逸。
次回は『超』に。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「かつおラーメン (750円)」@だいとくの写真二度目の枕崎名物

前回フラれたこちらに。
11時45分入店で先客後客なし。
勿論目的の掲題をお願い。

直ぐさま鰹のヅケを。
臭みもなくネットリ旨い。
やはりあまり熱が通らない方が好みだ。
枕崎産最高級本枯節と野菜のアッサリスープ。
粉末も乗り風味はグッと高まる。
スッと引く梅のような酸味も良いのだが。
底の浅い丼はスープが少ない上に具材が吸いどんどん無くなる。
それは牧のうどんを彷彿とさせる。
思わずヤカンがなかろうかと。
ツルムチストレート中細麺。
急がねばととにかく啜る。
ゴマは多すぎてやや邪魔に思えるほど。
存在が強すぎ折角の鰹の風味を消してしまう。
スープをたっぷり吸った鰹の天ぷらはフワリと柔らか。
ワカメも次第に増える々々。
他、練りもの、ネギ2種、糸唐辛子。
せわしなく瞬く間に完食。

単体を切り取るとそれは素晴らしいのですが。
ラーメンとしてはトータルバランスが今ひとつに思えてしまいました。
旨いスープだけにもっと欲しいなぁ。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン (648円)」@とんぼラーメンの写真垂水評判店

垂水に着いたら目もくれずこちらに。
17時45分入店で先客なし後客6名。
名物との掲題をお願いしました。

大きな丼と盛りの良さに目を奪われる。
スッキリ鶏ガラベースにピリッと香味油。
キレあるスープは程よく辛味が立つ。
ガーリックに胡椒も加わりそっとスパイシー。
濁り薄く醤油ダレはあまり表に出ていない。
絶妙なバランスの組立てにとても惹かれついついレンゲが進む。
安全・安心にもこだわる自家製ストレート中細麺。
福岡県産小麦『東福製粉くすっこ』を使用との案内。
ムチモチとした反発があり啜り心地がとても良い。
素材を活かしたバラチャーシュー。
味付けは優しくとにかく旨いバラ肉そのもの。
大きな一枚海苔が個人的にはとても嬉しい。
定番のもやし、ネギは合わない訳がなく。
無心で完食完飲。

旨かったです。
表記税抜価格かと思えば税込価格。
このボリュームでかなり高コスパですね。
定食メニューも豊富で次々オーダー入る人気ぶり。
味・量・価格と三拍子揃った良店。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件