なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まだおおお

男性 - 福岡県

ラーメン好きのオッサンです。2018年まで広島。2019年より福岡へ。平日は鹿児島に、休日は福岡中心の活動となります。宜しくお願い致します。

平均点 80.931点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,091 742 0 3,538
レビュー 店舗 スキ いいね

「こってり (770円)」@天下一品 隼人店の写真霧島天一で新丼

なんだか天一な気分。
14時35分入店で先客1名後客3名。
こってり半天津飯定食 (+210円) で。

えらくスタイリッシュな新丼。
随分コンパクトに見えるがスープ量等一切変更なしとの案内で、錯覚、推測、偏見を反省。
期待裏切らず濃厚ポタリ。
特徴的な甘さと重み。
鶏と野菜の旨味存分にねっとりと纏わりつく。
ポクポクしたストレート中麺。
若干硬めの仕上がりで徐々にプリリな食感に。
九条ネギの香り、清涼感。
スープとの相性この上なし。
他、チャーシュー、メンマ。
天一では初めていただく天津飯。
酸味が効いた甘酢餡サッパリでこってりラーメンとの組み合わせも良好。
からし味噌を一掬い入れ変化をつける。
安定のクオリティ素晴らしく満腹完食です。

旨かったです。
安定感抜群さすがの天一。
またどちらかでお世話になります。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏節RA-麺 (850円)」@とまらないラーメン愛GET54の写真鶏そば専門店

インパクトある店名にやや尻込み。
11時50分入店で先客4名後客2名。
メインメニューの掲題購入してチケットお渡し。

口当たりサラリと軽い。
さつま赤鶏の旨味と同時に現れスッと抜けるスパイシーさが意外。
鶏節がジワジワ溶け出し揚げネギの香ばしさも加わる。
更に揚げゴボウの食感に若干の苦味が良いアクセント。
確かに鶏白湯と言うより鶏そばとの案内がしっくり。
全粒粉入りストレート中細麺。
ブリブリクニュリと弾力強く、存在感、主張が強い。
トロトロとろけるバラチャーシュー。
他、ネギ。
もう少し食べてみたくなり替玉 (150円) を。
すりゴマとネギが乗って提供されるがやはり感じる麺の強さとスパイシーさ。
味変に柚子胡椒をお願いして一掬い。
よりサッパリと引き締まり完食完飲。

旨かったです。
デフォメニュー全て850円となかなかの設定も。
ただそれだけの味であり器にまでこだわりを感じます。
そうそう。
それから提供される冷茶がとても美味しく。
トータルでの満足感あり。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「屋台の味 (700円)」@天下一品 宇宿店の写真屋台の味

天一気分でこちらに。
11時30分入店で先客10名後客続々。
次はこれと決めていた掲題を。

初めての屋台の味。
アリ選択で期待通り香るニンニク。
こっさり交わり淀むスープがその証か。
サラリと軽さの後から感じる厚み。
確かに良いとこ取り。
プリリ反発の良いストレート麺。
絡みが適度なことで麺自体の旨さをより感じられる気がする。
パサリサッパリチャーシュー。
メンマにネギ。
ただ食べ進めるほどどこかこってりを求めてしまう。
堪えきれずに秘伝のからし味噌を多めに投入。
目的のこっさりを台無しにして完食完飲。

旨かったです。
旨かったんですが自分にはまだ早すぎたかな。
まだまだ当面こってりを。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯と煮干しのWスープ (870円)」@麺屋 秀ちゃんの写真南さつま秀逸店

二度フラれて三度目の正直。
12時10分入店で先客7名後客2名。
掲題半チャーハンセット (+260円) でお願いしました。

一口含むと刻み玉葱がシャリシャリサッパリ。
メニュー名から想像された味とは全く異なるが良い意味での裏切り。
粘度は低く煮干しの加減も強くない。
野菜の旨味が存分に感じられ洋風な味わい。
出汁と言うよりブイヨンな感じ。
さらにデフォの黒胡椒が効いて引き締まる。
なんだろうか。
不思議と絶妙なバランスで成り立つ。
夢中で旨い。
ムッチリストレート中細麺。
特徴的ではないがスープと相性がとても良い。
彩も華やかでクレソン、フライドオニオン、フライドガーリック、人参。
カット方法が異なる玉葱も心憎い。
チャーシューは香ばしい炙りバラに鶏ムネチャーシューも2枚。
半熟味玉半個と特製と謳っても過言ではないラインナップ。
茶碗に盛られた半チャーハン。
しんなりしたザク切り炒めキャベツに刻みネギも多めに乗る。
味付けも優しくラーメンとのバランスを崩さない。
野菜の使い方が素晴らしく完食完飲です。

旨かったです。
見た目の良さは勿論のこと想像された味とのギャップ。
想像の遥か上を行く。
最近では思い出せないくらい響いた一杯。

ごちそうさまでした!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「絶品 (800円)」@天下一品 天文館店の写真西日本限定『絶品』

久しぶりに天一。
13時40分入店で先客1名後客1名。
こってりより更にこってりとの掲題半チャーハンセット (+220円) オーダー。
麺普通・にんにくありでお願い。
この時間から焼酎ロックを煽るオヤジサンが渋い。

ねっとりこってり粘る々々。
期待通りの高濃度重量感。
鶏・野菜の旨味と甘味が押し寄せる。
塩味加減が良さだろうか思いのほかしつこくない。
スープに紛れた粗め刻み唐辛子。
上手くスープを引き締めてしかも辛味は表に出ない。
ポクポクしたストレート中麺。
普通でも結構硬めでもう少し茹でた方がスープとの絡みが良い気がするが。
ただそれでも十分に絡む。
ネギの良さは言うまでもなく。
最早脇役のペラチャーシューにメンマ。
醤油味しっかりのチャーハンは仕上がりパラリ。
辛子味噌投入して満腹完食。

旨かったです。
久々に味わう濃厚こってり。
久々すぎて通常こってりとどのくらい違うのかさえも分からず。
食べ比べもしたいし『味がさね』も気になるし。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯 醤油らー麺 (650円)」@麺人佐藤の写真めんびとさとう

鹿児島指折りの人気店。
11時10分入店で先客12名後客続々。
掲題と炊き込みご飯 (150円) をお願いしました。
ご店主の豪快な湯切りも一見の価値あり。

意外なほどライトでサッパリ。
濃厚ではないが十分に引き出された鶏の旨味。
僅かな粘性に鶏白湯らしさを感じる。
塩梅も優しく大変穏やかな味わい。
香ばしい揚げネギのアクセントが鹿児島ならでは。
自家製中太縮れ麺は芯が残る茹で加減。
小麦の風味があり表面の粘りでスープを持ち上げる。
なんとなく家系的な麺がとても好い。
直ぐに目を惹く大きな一枚チャーシュー。
ホロリとほぐれる柔らかさ。
味は強すぎることなくスープとのバランスも保たれる。
何より茹でキャベツがとても良い。
千切りでないのがとても良い。
甘いメンマとキクラゲ少々。
炊き込みご飯は所謂かしわ飯。
硬めの炊き加減がお見事。
終盤に変化を欲して自家製辛みそを一掬い。
これが鮮烈な辛味で少しづつが良さげだがなんとも後を引きもう一掬い。
ハイレベルな一杯を堪能して完食完飲です。

旨かったです。
噂に違わぬ旨さ・クオリティに気持ちの良いご対応。
鶏白湯は醤油に加えて塩に味噌。
更には鯛あら出汁につけ麺も各々醤油と塩が。
これはリピートするはずですね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏塩そば (700円)」@ひかり食堂の写真愛媛最強白湯

近くに来たらチャンスは逃さず。
13時10分着で待ち4名に接続。
後客続々。15分待ちで案内着席。
掲題と豚めし 小 (200円) をお願いしました。

今回は粘度やや低め。
鶏の野趣味というかクセを感じる。
ただ食べ進めるといつものポッテリ感が現れ結局旨い。
若干高めの塩味も良好。
硬め設定の中太平打麺。
期待通りのプリパツで高安定の旨さ。
具材はバラチャーシュー、キクラゲ、メンマ、ネギ2種。
こちらのキクラゲは何故だろうか。
食感素晴らしくやたらと旨い。
当然スープとの相性最高。
賽の目切りされたチャーシューたっぷりの豚めし。
濃いめ味付けも今の時期はなんだか格別。
なんだかんだで完食完飲。

旨かったです。
明らかに濃いのですが結局完飲してしまうスープ。
中毒性なのか、ファンなだけなのか。
また伺います。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 13件

「とりトン白湯らーめん (700円)」@一宮徳谷 八丁目どりの写真地元評判店

地鶏居酒屋から業態変更され評判のこちら。
12時55分入店で先客2名後客3名。
基本との掲題をとりめしセット (+280円) でお願いしました。

見た目よりサラリとした口当たり。
先行する鶏の旨味の後からコクのある豚骨の旨味がグッ増して舌に残る。
ネーミング通り鶏・豚の良いとこ取りで旨い。
それでいてクセのなさも印象的ですね。
食べ進めると背脂効果もあってかコッテリ感が増し豚骨が強くなるのも好み。
拘りの熟成特注麺は『春よ恋』ブレンドとの案内。
見た目は博多的ストレート細麺。
実際は若干加水率高めで熟成効果なのかプリシコ食感が素晴らしい。
加えて伸びもなく非常に旨い。
チャーシューは二種類で炙りバラと鶏むね。
具材としての印象はあまり残らず。
他、ゆで玉子半個、キクラゲ、ネギ、胡麻。
粉末はパプリカパウダーかな?
水菜もあったような気もしますが… 失念。
必然的に辛味噌を溶かすと辛味はさほどなく塩味が強まります。
とりめしは熱々ご飯に鶏むねチャーシュー。
タレの加減に紅ショウガが非常に良い。
予想以上のボリュームに満足完食です。

旨かったです。
スープも麺も非常に良く評判通り。
個人的には具材が多すぎて良さを半減させているような…
シンプルな構成で頂きたいなと思ってしまいました。
女性店主らしさが随所に感じられお冷はルイボスティー。
限定なども登場しておりメニューも多く再訪は必須。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白湯そば (680円)」@麺 虎右ヱ門の写真まったり白湯

行けるチャンスは外せません。
17時20分入店で先客1名後客なし。
掲題と温玉ライス (250円) をお願いしました。

比較的サラリとした口当たり。
重さはないものの少し間が空けば表面に膜が張る。
香り高く旨味が見事に凝縮されて素晴らしく旨い。
醤油ダレ強めも良いバランス。
スープによって4種類の麺を使い分けられているが白湯には細麺。
プリシコの食感良く相変わらず旨い。
しっとりレアチャーシューも毎度ながらの絶品。
やはりチャーシューは本店より好みですね。
コリッとした歯切れの良いメンマに海苔、ネギ。
温玉ライスは予想通りですが卵の品質の良さからか黄身の甘いこと。
醤油とスープを少しかけてかきこむ。
こちらでは不可避の完食完飲。

旨かったです。
案内通り『まったり』との表現にピッタリ。
次回は清湯メニューにしよう。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「大蒜白湯そば (730円)」@麺 虎右ヱ門の写真ニンニク白湯

未食メニュー目的で再訪。
11時05分入店で先客なし後客6名。
目的の掲題をお願いしました。

おろしニンニクが溶かれたサラリとした鶏白湯。
醤油ダレの塩梅そこそこ高めなのもこちららしい。
予想以上にニンニクが強くガツンと来るも不思議とスッと引いていき白湯の旨味がしっかり残る。
口に含めばまた現れるの繰り返し。
ストレート細麺はプリシコで流石の旨さ。
こちらの中太平麺は絶品ですが細麺も甲乙つけ難い。
レアチャーシューも毎度ながら素晴らしい。
歯切れの良いコリコリメンマがいつにも増して旨く感じられるのはスープとの相性の良さでしょうか。
他、海苔、ネギ。
必然の完食完飲です。

旨かったです。
独特ながらなんとも良いバランスが流石。
何を食しても期待を裏切ることない旨さで次回は何にするか。
期待と安心感しかありません。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件