なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まだおおお

男性 - 福岡県

ラーメン好きのオッサンです。2018年まで広島。2019年より福岡へ。平日は鹿児島に、休日は福岡中心の活動となります。宜しくお願い致します。

平均点 81.000点
最終レビュー日 2019年9月18日
1,070 724 0 3,460
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なし担担麺 (600円)」@麺や はやぶさの写真廣島祇園流汁なし担担麺

汁なし担担麺が評判のこちらに。
13時20分入店で8名後客5名。
掲題ランチセット・4辛でお願いしました。
ランチは小ライス付きで同料金。
辛さは3辛が基本とのこと。

案内に則り30回以上混ぜ込むと適度な粘り。
芝麻醤多めで円やかなコクと甘味。
4辛だが山椒も優しく辛痺控えめ。
もう少しパンチが欲しいとも思うが味変アイテム多く問題なし。
ムッチリストレート中細麺は110g程。
しっかり絡みスルスル進む。
具材はひき肉、ネギ、糸唐辛子とシンプルながら満足量。
味変は五香辣油、山椒、あげ玉を。
サクサク食感のあげ玉が素晴らしく良い役割。
これが廣島祇園流なのかは不明もかなり好み。
麺を食べ終えライスをイン。
にんにく醤油で味を整え完食です。

旨かったです。
派手さはなくも飽きもなし。
豊富な味変アイテムに何よりあげ玉がとても良い。
烏龍茶まで無料とコスパ良好。
地元人気店なのも納得ですね。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「塩ラーメン (800円)」@一白の写真旨味の塩

久々にこちらへ。
11時35分入店で先客3名後客5名。
掲題半チャンセット (+290円) でお願いしました。

淡く優しく芳しいスープ。
干し貝柱、干し海老を使用した元ダレに昆布・野菜の旨味が重なる。
鶏ガラ・豚骨は主張することなくあくまでも下支え。
尖りは一切なく滋味深い。
ツルプリとしたストレート細麺。
伸びはなくやや短いのも特徴か。
具材には戻した海老と貝柱。
特に海老に残る塩気が良いアクセント。
味のしみたバラチャーシュー。
トロリとした脂身に肉感も残るコントラスト。
白髪ネギに水菜は二つ揃うと青臭さが立ちスープの洗練さをやや損なう気がして。
どちらか一つ若しくは量少なめでもいいかなと。
目立たずもコリコリとしたキクラゲは好み。
ラードが香ばしいハラリとした半チャーハン。
好相性は当然で満足完食。

旨かったです。
強気な価格設定も食べ終えると納得の満足感。
半チャンもやはり不可欠。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製海老辛ラーメン (900円)」@ラーメン JIDAIの写真必須アイテム海老辛

広島を離れる前には海老辛な一杯。
14時30分着で店内満席外待ち開始後客5名。
5分待ちで入店となり掲題オーダー。
コールはヤサイ・ニンニク・アブラ増し。

甘味のある微乳化豚骨醤油。
醤油先行に背脂のコクも加わる。
荒々しさは抑えられコッテリしすぎず見事なバランス。
背脂効果で滑らかな口当たりも良い。
先ずはニンニクで期待通りにパンチアップ。
微ウェーブ中太麺はツルリとした麺肌にムチムチの食感。
しっかりめの茹で加減が最高に丁度いい。
野菜はもやしにキャベツやや多め。
ホロホロと繊維状にほぐれていくチャーシューの旨いこと。
柔らかくスッと歯が入る。
ほぐしチャーシューはスープと馴染んでまた旨い。
中盤に味変第二弾として海老辛投入。
仄かな海老の風味にしっかり辛めで抜群の効果を発揮。
やはり無くてはならず必要不可欠。
軽く額に汗して満腹完食。

旨かったです。
どことなく品のある二郎系に海老辛がよく合う。
相変わらずの人気ぶりも当然ですね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「中華そば (600円)」@中華そば つばさの写真広島小鳥系

つばめ姉妹店のこちらに。
13時55分入店で先客1名後客1名。
掲題をお願いしてむすび (100円) を取って着席。

茶濁した見た目の期待に反して極あっさり。
あっさりを通り越し個人的には薄い。
動物系が弱く油脂感も控えめでつばめで感じた力強さは皆無。
やや肩透かしかな。
クニシコ食感の良いストレート細麺。
硬さ指定せずとも茹で加減は丁度。
薄切りチャーシューはパサ系ながら味付けはしっかり。
他、定番の細もやしにネギ。
メニューに替玉はあるがラーメンタレはなく調整は胡椒のみ。
直巻き海苔むすびを頬張りつつ完食です。

期待値が高すぎたのでしょうか。
個人的には拍子抜け感が否めませんでした。
濃口好きだからかな〜

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン (700円) 生玉子 (100円)」@一休軒 広島本店の写真佐賀ラーメン広島本店

呑んだ〆は佐賀ラーメン。
26時40分入店で先客4名後客なし。
掲題カタでお願いしました。

サッパリスッキリ豚骨。
口当たりサラリとして濃厚過ぎないのは相変わらず。
呑みすぎた後にも良い塩梅でやはり旨い。
低加水ストレート細麺はしっかり硬め。
シコシコ感がこれまた好み。
脂身トロリしっとり柔らかなバラチャーシュー。
デフォで3枚入りも嬉しいところ。
ネギに海苔。
終盤まで待って生玉子を溶かす。
当然円やかになりクリーミーさが増す。
夜中の罪悪感より旨さが勝ち満足完食。

旨かったです。
流川での〆はやはりこちらに来てしまう。
毎回の満足感。
最後に来られて良かった。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「らーめん えび塩 (900円)」@らーめん ふじもとの写真広島魚介系総本店

こちらも広島を離れる前には必須。
14時30分入店で先客3名後客なし。
海老な気分で掲題をお願いしました。

海老出汁の香ばしさ。
海老殻・海老味噌に動物系の旨味が重なる。
スープは比較的サラリとしているがとにかく塩気がドギツイ。
従来から塩分濃度高めなのは覚悟の上だが。。。
それでも過去最高に強く身震いするほど。
加えて背脂の塊。
ツルプリのストレート中細麺は相変わらずの優れもの。
ムッチリ感もあって旨い。
網焼きバラ肉は柔らかく量も多くて嬉し。
もやし、青ネギも箸休めになるまでとはいかず。
無料の刻み白玉葱をたっぷり投入させていただき僅かばかりの緩和材。
他、ウズラの玉子。
お冷を離せずなんとか完食。

偶々でしょうが。
濃い味好きも塩気があまりにもキツすぎました。
また伺いたいと思います。
次回を楽しみに。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「しょうゆラーメン (900円)」@らぁめん紺屋の写真素材に拘る人気店

基本の一杯を目的に。
11時50分入店で店内満席中待ち1名後客続々。
直ぐ案内となり掲題とランチチャーシュー飯 (250円) をお願いしました。

極めて濃い醤油のインパクト。
甘味とごく僅かな酸味の後から節の旨味がじんわり。
カエシが強く蕎麦つゆかの味わい。
とにかく濃くて個性的。
好みがハッキリ分かれるであろうが個人的にはなんだか惹かれる。
ストレート細麺はムギュッとした弾力。
分厚くガッシリなチャーシュー。
肉を喰らっている感たっぷり。
シャッキシャキの小松菜にネギ。
新鮮な野菜は毎度ながら素晴らしい品質。
キクラゲの食感も楽しくよく合う。
他、煮玉子半個。
チャーシュー飯はほぐし肉でこれまた濃い味。
濃い味の掛け算でライスの方が良かったかなと。
箸休めの漬物を齧りつつ完食。

旨かったです。
無添加無化調に拘る人気店。
ただ優しいだけでなく力強い一杯でした。
常時期間限定メニューがあるのも楽しみの一つですね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば (600円)」@陽気 江波本店の写真広島トラディショナル

広島を離れる前にはどうしても。
16時45分入店で先客10名後客2名。
メニューは一択ニンニク入りでお願いしました。

伝統的広島豚骨醤油。
豚骨・鶏ガラの旨味とコクに醤油ダレはキリッと締まる。
いつになく動物系の厚みを感じるが後味はやはりスッキリ。
味わい深くとても響く。
ただひたすらに旨い。
原田製麺製ストレート細麺は何も言わずとも硬めの仕上がり。
ザクザクとして小麦が香る。
安定のチャーシューはしっかり4枚。
細もやしの茹で加減が抜群でどうしたらこんなに旨いのだろうかと。
ネギの分量も丁度。
中盤まで粘りに粘ってニンニクを溶かす。
期待通りのパンチアップで更にペースアップ。
名残惜しくも完食。
完飲も不可避。

旨かったです。
思い入れもありますがとにかく沁みる。
来られて良かった。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「チャウシュウメン (800円)」@上海総本店の写真広島老舗名店

クサウマを求めてこちらに。
13時25分入店で先客12名後客5名。
掲題半チャンセット (+200円) でお願いしました。

周辺まで轟く豚骨臭はもはや名物。
一口目は確かに感じるクセもあっという間に慣れてしまう。
相変わらず酸味が立ちキレのある豚骨醤油。
濃くもあり臭いもあるが独特で魅力的。
チャーシューの味付けもスープに移り相乗効果。
プリプリのストレート中細麺。
広島ではやや加水率高めで若干太め。
当然だがこのスープにはこの麺がとてもよく合う。
大小サイズ様々なチャーシュー。
肉感あるものからバラバラと崩れるものまで不揃いなのも楽しい限り。
チャーシュー下には細切りメンマと細もやし。
他、ネギ。
チャーハンはスパイシーでウスターソースの様な風味。
濃い味だが福神漬けの甘味が好相性。
ラーメンと合わせても重くなくサラリと完食。

旨かったです。
なんとも言えない中毒性でとてもハマる。
回数を重ねる毎に旨く感じてしまいます。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「博多ちゃんぽん (750円)」@九州ラーメン 一心亭の写真本格豚骨ちゃんぽん

広島でちゃんぽんと言えばこちら。
11時40分入店で先客4名後客6名。
掲題やきめしセット (+350円) でお願いしました。

ぽってり豚骨ベースで甘味・旨味も濃厚。
クリーミーで極僅かにザラつきある舌触り。
唇に纏わりつくゼラチン感もとても好み。
炒め具材の旨味加わりそれでいて塩加減は抜群。
直近のちゃんぽんでは間違いなくナンバーワン。
ムッチリ中太麺はちゃんぽんとしては若干細めかな。
結構硬めで芯があり徐々に熱が通るとより旨い。
具材は豚肉、イカ、蒲鉾、キャベツ、もやし、玉葱、人参。
炒め過ぎずシャキシャキ食感がしっかり残る野菜がやたらに旨い。
やきめしはハーフサイズも見た目より量多め。
適度にしっとり濃い味で焦がし風味が良い。
ちゃんぽんにはどうかと思いつつも無料辛子高菜を後半に投入。
これが激辛刺激的でかなりのパンチ。
次回はラーメンにこれだなと決心して満腹完食です。

旨かったです。
やはり広島でちゃんぽんなら間違いなくこちらだと再認識。
次回こそはラーメンに。

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件